aaaaa

<パティシエ紹介>北川雄司です。

はじめまして。hannocのパティシエ、北川です。

スタッフからなぜか「おにいちゃん」と呼ばれていて、最近は自分でもおにいちゃんキャラが浸透してきたかなと思っています。パティシエに聞いたみたら長男は僕だけのようで(三兄弟の長男です)、実は本当におにいちゃんです。あまり自分のことを話すのは得意ではないですが、hannocで働く経緯や今感じていることを語ってみようと思います。

知っている方もいるかもしれませんが、hannocで働く前は大阪の西区にある『Seiichiro,NISHIZONO』で働いていました。実家は岐阜県で、学校を卒業した後は町工場でアルミ加工の仕事をしていました。正直、なんとなく就職した感じで…やりたい仕事じゃないな。って思いながら過ごしていました。でもある日、同僚のお子さんに焼き菓子を作ってプレゼントしたらすごく喜んでもらえて。「自分がやりたいことって、こうやって誰かに喜んでもらうことなんだ」と思って、思い切って大阪に出て専門学校に入り、パティシエを目指すことにしました。そこで講師として来てくれていた西園シェフに出会って、シェフのお店で雇ってもらえることになったんです。

それからずいぶんお世話になっていたのですが「hannocってお店を手伝うことになったんだけど、そこに移ったらどう?」とシェフから話をいただいて、社長の児玉さんに会いました。児玉さんが考えている「カジュアルな雰囲気のお店」はラフな性格の自分にとって純粋にいいなと感じたし、同い年のあめくん(岡村)ともうまくやっていけそうだと思いました。なにより、西園さんが背中を押してくれたので。

で、hannocの仕事はどうか…一言で言えば量的にも感覚的にも「めっちゃ仕事してる」と感じてます。製造量が多いのは店の大きさが違うから想定内でしたが、思っていたよりも自分で決めることが多くて、それが「仕事してる」と感じる部分です。いつからこの商品を仕込み始めるとか、この商品を下げて代わりにあの商品を出そうとか、メンバーの動き方はこうした方がいい、この順番で進めた方が効率的とか。楽しいけど「この決定で誰かの負担になったり、迷惑をかけるんじゃないか」とビビってしまうこともあります。今までシェフがしてくれていた「決める」という仕事はすごく大変で、エネルギーを使います。改めて西園さんへの尊敬と感謝が膨らんで、その名前に恥じないような自分でいたいなと思っているところです。それから、お客さんが目の前で自分が考えたモンブランを美味しそうに食べてくれているのを見るのは本当に嬉しいと思ってます。反応が気になってチラチラ見てしまいます。見すぎてたらすみません。いつもありがとうございます。

それと3年前に結婚した妻に対しても感謝の気持ちです。その時はまだパティシエとして新米で、時間の余裕もお金もなかった自分と結婚してくれて、めちゃくちゃ支えてくれました(自慢の妻です)。休日のタイミングも自分で決められるし、最近はみんなで話し合って早番遅番の2交代制をとるようにして、時間の余裕も少しずつ出てきました。今まで支えてもらった分、返していけたらいいなと思います。子どもは二人、それから貯金していつか夫婦で店を出して、キリのいいところで引退してふたりでスローライフを送る。っていう家族計画があるので、これからもまだまだ頑張ります!

お店に来たら、ぜひ気軽に話しかけてください。では!